ニッポンノワールの考察!魅力とは?どこが面白い?

第3話

亡き刑事:本城 (篠井英介) に女性刑事殺害事件と十億円強奪事件という二つの大事件の罪を着せ、全てをうやむやに処理しようとする警察上層部。

しかし、その流れに清春 (賀来賢人) や南武 (北村一輝) が待ったをかける。確実に裏のある事件の真相を突き止めるべく信念を持った再捜査が始まる。

そして、清春は隠れて糸を引き続ける怪しき男:才門 (井浦新) を追い詰めていくことに。その真意とは…。対決の時、来たる。

引用元 hulu公式サイト

管理人ミキオ

2話に続いて、遊びなしで、本筋を突っ走ってる感が凄い。

男性である筆者としては、段々と、賀来賢人、井浦新、北村一輝あたりのカッコ良さがやみつきになりつつある。

ただ、ドラマそのものには、まだ、やみつきにはなっていない。

「え~!?ここで終わっちゃうの?早く来週になって欲しい!!」

な展開になることを今後に期待!

第2話

遊佐清春 (賀来賢人) の自宅に自身が碓氷薫 (広末涼子) を殺害した犯人へと繋がる証拠が残されていた。そして既に周囲は刑事に囲まれていて…。碓氷班の面々は「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」、二つの事件の捜査を命じられる。その鍵を握っていたのは薫の一人息子:克喜 (田野井健) であった。そして、捜査の中で一人の少女:芹奈 (佐久間由衣) の「ある秘密」が明らかになる。芹奈は亡き薫と死の数日前に会っていて―。

引用元 hulu公式サイト

管理人ミキオ

小話みたいなものを挟まずに、ガンガン本筋を進めて言っている感じがする。

工藤阿須加演じる名越時生のパリピキャラは、常時維持するのは難しいのだろうなと…。

遊佐清春 (賀来賢人) のキャラは、中々ぶれずに良い感じ。基本的には、得体の知れないキャラだが、たまに今日俺の三橋的なちょっとした笑いを瞬間的に入れてくるあたりは流石と思える。

第1話

遊佐清春 (賀来賢人) が目を覚ますと、隣には碓氷薫 (広末涼子) の遺体が。手には拳銃を持ち、なぜか3ヶ月分の記憶を綺麗に失っていた。コノママデハツカマル。そう思った清春は全ての痕跡を消し去りその場を後にする。だが、すぐに刑事として事件現場に招集されると、そこには悪名高い刑事である清春に向けられた疑いの目たちが…。衝撃的展開の連続! 欺く者は誰か―! 誰も想像出来ない規格外刑事ドラマ、大開幕!
引用元 hulu公式サイト

管理人ミキオ

遊佐清春 (賀来賢人) は主人公なだけに普通なキャラなのかと想像していたが、ハチャメチャで得体の知れないキャラであることにまずびっくり。

碓氷薫 (広末涼子) の息子さん役の演技はどうなのだろう…?判断しかねるところだ…。

笹野高史氏が演じる喜一がマスターをしている喫茶店での一幕は、毎回登場することになるのだろうが、ほっこりする、ニッポンノワールに欠かせない存在となっていくのだろうと想像できる。

あらすじ・詳細

目が覚めると俺の横には女性刑事の亡骸があった。手には拳銃。なぜか俺の記憶は数ヶ月消し飛んでいた。俺がコイツを殺したのか…。それとも何者かにハメられたのか…。容疑者は『自分自身』と俺の『目に映るすべての人物』。

俺を疑い追いかける同僚刑事。かつての仲間は一夜にして敵に。相棒は亡き女性刑事の一人息子である幼き少年ただ一人。やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく…。女性刑事を殺したのは…? 十億円を奪ったのは…? 疑いが加速し、裏切りが止まらない。究極のアンストッパブル・ミステリーがここに開幕!

一人の刑事が巨悪に反乱を起こす、予想を覆し続ける規格外の刑事ドラマ!! この物語、一度見たらその結末を見届けるまで、「とんでもないこと」が止まらない。
引用元 hulu公式サイト

出演者

賀来賢人
広末涼子
井浦新
夏帆
工藤阿須加
北村一輝
杉本哲太
笹野高史
など。

観ようか悩んでいる人のための作品の感想をコメントお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。