人狼ゲーム ラヴァーズの無料動画はある?見逃し撲滅リサーチ。

未分類

出典元 U-NEXT

人狼ゲーム ラヴァーズに関する無料動画youtube

人狼ゲーム ラヴァーズ。管理人レビュー&ここがポイント。

元運営側がプレイヤーに紛れている。

元運営側がプレイヤーに紛れている。そこまで、話しに大きな影響はないが…。運営側、利用者側の都合が少し明らかになる。

役職キューピットと恋人が新たに登場

  • キューピット(村人側)は、ゲーム開始直後に参加のうち2人を恋人に指名することが出来る。
  • 指名された恋人同士は、相手が誰のかキューピットから教えてもらわなくとも知ることが出来ている。
  • 最終的に、恋人2人が生き残ればキューピットも同じように生き残れる。それ以外にキューピットの生き残りはない。
  • 村人側も人狼側も決着がついた際(「人狼が全滅」もしくは「村人と人狼が同数になる」)にキューピットが生き残っていたら死ぬ。
  • 恋人は、1人が死ねば自動的にもう1人も死ぬ。ゆえにキューピットも死ぬ。
  • キューピッドは死んでも恋人たちに影響はない。

今回、キューピットは、序盤に恋人たちに自らがキューピットであると名乗り出る。
名乗り出ることで恋人たちと作戦会議をすることが可能になるが、キューピットが死んでも恋人たちの生死に影響がないことから、恋人たちから切られてしまうリスクもある。
もし、キューピットであることを恋人たちにカミングアウトしなければどういう結末になっていただろうとタラレバを考察するのは味わい深い。

人狼が早い段階でわかる。

今回、人狼は二人。そして、うち一人は恋人。この状況が、人狼が誰か?ということの重要性を希薄なものにしてしまっているように思えた。
恋人は恋人とキューピッドだけが本当の仲間で、それは、村人側同士・人狼側同士といったつながりよりも重要。それゆえ、色々複雑。
恋人でない人狼は恋人を殺したい。しかし、恋人側は、”恋人でない人狼”を殺したくない…など捻じれた状況…
心理戦としては複雑で凄いが、犯人は誰?的なワクワクドキドキに乏しい。
村人は、恋人も探し出さなければならず、村人側の仲間であっても、恋人は消さなければならない隠れた敵。
これは人狼でも同じ。人狼二人が欠けることなく生き残ったとしても、パートナーの人狼が恋人なら、負けになってしまう。
仲間だとわかっても安心できないという複雑さがある。かなりカオスで「登場人物の心理・彼ら一人一人の置かれた状況と最善策」を理解し、読み取り、把握するのが難しい。

主人公は若干悪い奴

状況設定的に、主人公が若干悪い奴である。

序盤にプレイヤー間で人狼カミングアウトあり

これまでの作品では、自らが人狼であることをさらっと序盤戦にプレイヤーにカミングアウトするのは、ありえないこと。
今回は、恋人側という枠が出来てしまったために、人狼だろうが村人だろうが恋人は仲間という状況が出来い、それゆえ、序盤戦にプレイヤー間で人狼のカミングアウトがなされた。
今まで口が裂けても自らが人狼であることを知られてはいけないという状況でヒリヒリしてきたので…あっさりと自ら人狼であることをカミングアウト…そしてカミングアウトされてもされた側がそれほど衝撃を受けていない状況は斬新・新鮮である。
そして…村人側の恋人、村人側のキューピッドは夜は人狼に襲われるリスクは非常に低いから安心感高めだなと。
実際は、キューピッドは、恋人の生死には無関係なので安心していい状況ではないのですがね…。

最初の仕切りで結構情報得てる。

シリーズも会を重ねているので…登場人物自体もセオリーというのを踏襲し、動いている感が…。
仕切り役がしゃしゃり出て、人狼、恋人に相談しあいされる前に色々情報収集しようとするあたりは、人狼ゲーム的(村人側)に凄く自然で合理的。
異常な状況に対する驚き・戸惑い・驚きが若干ショートカットされている感はある…。しかしながら、シリーズもここまで進むと、観るのは、リピーターだけですから…お約束の面倒くさいことは省かれていた方が良いとも言えますが…。

残り7人…比較的人数が多い状況で本物の予言者が人狼2人を的中させる。

今回は…残り7人…比較的人数が多い状況で本物の予言者が人狼2人を的中させる。
その地点で、村人側5人、人狼側2人。だけど、村人を勝たせたい人3人、人狼を勝たせたい人4人。
本来なら、一気に村人優勢に風向きが変わるはずのところ、キューピッド制度のために、スムーズに状況は進まず、どんどん沼地にはまりこんでいく。
[memo title=”やや不自然だなと感じた点”] 自他共に明らかに怪しい虎之助に対し、なぜかばぎみの村人がいるのか?
そこを寅之助は疑うはずだが怪しむのがワンテンポ遅い感じはしましたね。
それゆえ、状況は更にいい具合に泥沼へ入っていったわけですが…
[/memo]

最終決戦での裏切りは、切ない。

最終決戦ではとある裏切り行為が実行されます。
その際の裏切られた側の覚悟、腹をくくった様はとても美しく、本作品の見どころの一つです。

最後がひどい

最後は衝撃的というかかなりひどい。ゲームが終わった安堵、感動が一瞬で吹き飛んでしまう。
また、最後の最後は漫画ビーストサイドの終わり方に似てる。掛け合わせたのか?小説は似た感じで締めていたのかはわからないが…。
複雑で色々疲れる作品だった。理解するのに一番時間がかかりそう…。
[adrotate banner=”1″]

人狼ゲーム ラヴァーズについて。みんなの感想・評価

只今収集中です。

人狼ゲーム ラヴァーズに関連するツィート・口コミ

SNS掲載に関して

人狼ゲーム ラヴァーズってどんな作品?

2017年日本
参加者全員、人狼ゲーム経験者。曲者たちが生き残りを懸けてだましあうシリーズ第5弾
見どころ
人狼と村人の争いだけではなく、人狼同士の裏切りや恋愛要素など、より複雑になった関係性が見応えを増している。序盤から激しい駆け引きの連続に引き込まれてしまう。
ストーリー
「人狼ゲーム」と呼ばれる殺りくゲームに再び参加することになった高野蘭子。今回の参加者は全員、人狼ゲームを勝ち上がった経験者。さらに新しく追加されたルールに状況は混迷する。蘭子は「人狼」に加えて「恋人」の役職を得て、完全勝利を目指すが…。
引用元 U-NEXT

人狼ゲーム ラヴァーズの出演者・スタッフ

出演:
(高野蘭子)古畑星夏
(海老原一香)佐生雪
(佐久間弘人)平田雄也
(八木ひなた)溝口恵
(管すばる)前田航基
(戸谷佳奈)森高愛
(梅津楓)春川芽生
(山門拓海)安藤瑠一
(河合陸)鈴木知尋
(牧詩央里)中村萌
監督:
綾部真弥
原作:
川上亮
脚本:
川上亮
綾部真弥
引用元 U-NEXT

[adrotate banner=”1″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました